キャッツ

【劇団四季キャッツの猫たち】ディミータ(’02配布のカード)

この記事では劇団四季ミュージカル『キャッツ』ディミータ役について、2002年大阪公演夏休み企画で配布されたカードの記録を兼ねて、キャラクター紹介をしています。

オレンジ色と黒の毛並みのメス猫。ジェミマよりも白が少なくオレンジ色が多い。

劇団四季『キャッツ』【ディミータ】ってどんな猫?

<ディミータ>

「ジェリクルソング」での一言ソロは「痩せていても」

いつの時点だったか、ディミータ役の俳優さんのインタビューで「ディミータはカミソリ猫」という言葉を聞いたことがあります。
ペアで一緒に行動くことが多いボンバルリーナよりもシャープさの際立つキャラクターで、2幕の最初でタントミールを威嚇したり、またマキャヴィティの気配を敏感に察知したり、とびかかっていったり、と外の世界で生きる動物らしい警戒心の強さや、気性の激しさがうかがえます。

「ディミータ」は、ギリシャ神話の豊穣神デメテルが語源とのことですが、
結局、人の意図の通りには動かない自然の荒々しさも体現しているようなイメージです。

でも札幌公演の時、「バストファージョーンズ」で、坂田加奈子さんディミータが、座っている松山育絵恵さんジェミマの「おしり」を枕に寝始めたのが可愛くて、ジェミマの「え?寝ているの?」と振り返っていた表情と一緒によく覚えています。

あおなみ
あおなみ
これは個人的なこだわりなんですけれど、『キャッツ』の猫を「野生の猫」とする表現があるのは知っていますが、飼い主がいなくてもイエネコに野生、という表現を使うのはちょっと違うかなと。それで「外の世界で生きる猫」という言い方をしました。

劇団四季『キャッツ』2002年大阪公演夏休み企画配布カード【ディミータ】


(写真のキャストは増本 藍さん)

劇団四季『キャッツ』【ディミータ】2001年大阪公演以降のキャスト

東京公演 2018年8月11日~現在公演中
松山育恵、原田千弘、円野つくし
大阪公演 2016年7月16日~2018年5月6日
松山育恵、多田毬奈、原田千弘、吉村摩耶、
円野つくし
札幌公演 2015年1月18日~2016年3月21日
坂田加奈子、相原 萌、松山育恵
福岡公演 2014年4月~10月4日
静岡公演 2013年9月15日~12月1日
増本 藍、荒木美保、相原 萌
仙台公演 2013年4月23日~8月20日
団 こと葉、相原 萌、原田真由子
広島公演 2012年12月09日 ~ 2013年3月24日
相原 萌、坂田加奈子、団 こと葉
横浜公演 2009年11月11日~2012年11月11日
団 こと葉、原田真由子、原田麦子、滝沢由佳、坂田加奈子、増本 藍
東京公演 2004年11月11日~2009年5月3日
増本 藍、眞弓ヴァネッサ、団 こと葉、滝沢由佳、飛田万里、遠藤瑠美子、有永美奈子
レベッカヤニック
 =レベッカバレット、坂田加奈子、原田麦子
仙台公演 2003年12月19日~2004年5月5日
増本藍、林下友美、今井羽音咲=ヴァネッサ・ルート、飛田万里=王飛
広島公演 2003年8月2日~11月24日
増本藍、滝沢由佳
静岡公演 2003年4月29日~7月9日
増本藍、李園園
大阪公演 2001年3月11日~2003年1月30日
増本藍、滝沢由佳、春原一恵、村井まり子

劇団四季『キャッツ』【ディミータ】についてのメモ

過去キャストを振り返ると(このページだけではわかりませんが)、ディミータ役とジェミマ役をスイッチする人、ディミータ役とボンバルリーナ役をスイッチする人って結構多いんですよね。

ジェミマの中の気の強さ、ボンバルリーナの中のクールさ、とディミータの野性味と、どこかでベン図が重なるような要素はあるんだろうなと思う一方、
同じ人が別の猫を演じても、やはりちゃんと違うキャラクターになるのがすごいな、と思います。


関連記事
\URLをコピーしてシェアしてね/
この記事のURLをコピーする