キャッツ

【劇団四季キャッツの猫たち】ランペルティーザ(’02配布のカード)

この記事では劇団四季ミュージカル『キャッツ』ランペルティーザ役について、2002年大阪公演夏休み企画で配布されたカードの記録を兼ねて、キャラクター紹介をしています。

ランペルティーザマンゴジェリーとコンビの、泥棒猫の片割れ。
背伸びした少女、といったキャラクターで、何かとワチャワチャ動いているので目立ちます。

劇団四季『キャッツ』【ランペルティーザ】ってどんな猫?

<ランペルティーザ>

「ジェリクルソング」では、マンゴジェリーと一緒に「挑めるか」と一言歌います。

泥棒の相棒のマンゴジェリーと一緒にいることが多い。

「ラム・タム・タガー」ではタガーにメロメロになったり、みんながオールドデュトロノミーを迎えているすきに、マンゴを促してこっそりと姿を消したり、

その一方で、「幸せの姿」では、オス猫とはペアにならず(マンゴジェリーはボンバルリーナと組んでいる)、シラバブといっしょにいたり、

シラバブよりはちょっと年上のおしゃまな女の子、といった年齢感のようです。

「マンゴジェリーとランペルティーザ」のナンバーの時のみ、トラ縞のベスト、アームカバー、レッグカバー、パールっぽいネックレスをつけています。


劇団四季『キャッツ』2002年大阪公演夏休み企画配布カード【ランペルティーザ】


(写真のキャストは松永さち代さん この時点で松永さんはベテランさんだったはずですが、かわいいランペルティーザでした。)

劇団四季『キャッツ』【ランペルティーザ】2001年大阪公演以降のキャスト

東京公演 2018年8月11日~現在公演中
山中由貴、三平果歩、片岡英子
大阪公演 2016年7月16日~2018年5月6日
三平果歩、加島 茜、山中由貴、馬場美根子
札幌公演 2015年1月18日~2016年3月21日
山中由貴、今 彩乃、馬場美根子
福岡公演 2014年4月~10月4日
山中由貴、今 彩乃
静岡公演 2013年9月15日~12月1日
山中由貴、石栗絵理
仙台公演 2013年4月23日~8月20日
山中由貴
広島公演 2012年12月09日 ~ 2013年3月24日
山中由貴、大口朋子、愛沢えりや
横浜公演 2009年11月11日~2012年11月11日
谷口あかり、愛沢えりや、大口朋子、王堃、磯谷美穂、石栗絵理、山中由貴
東京公演 2004年11月11日~2009年5月3日
章雅婧、真鍋奈津美、王堃、谷内 愛、磯谷美穂、石野寛子、石栗絵理、大口朋子、上條奈々、チェ ウンヘ、柏 円
仙台公演 2003年12月19日~2004年5月5日
谷内愛、真鍋奈津美、章雅婧
広島公演 2003年8月2日~11月24日
真鍋奈津美、王堃
静岡公演 2003年4月29日~7月9日
松永さち代
大阪公演 2001年3月11日~2003年1月30日
松永さち代、石倉康子、谷内愛、相川忍

劇団四季『キャッツ』【ランペルティーザ】についてのメモ

最初に書いたように、おとなではない若い猫なので、小柄な人が演じることが多いのですが、
福岡公演・札幌公演に出演していた今 彩乃さんはすらっとしていて、かっこよくスタイリッシュな路線でした。特に田中宣宗よしときさんと組むとお互いにかっこつけ感があって、中学生・高校生ような感じ。

馬場美根子さん・新庄真一さんの組だと、きょうだいのように育った幼馴染みの仔猫たち、という感じで可愛かったし、

やっぱり、マンゴジェリーとランペルティーザは、「二人で一組」の存在感が強いなあ、と思います。

同じ泥棒だから、というもありますがランペルティーザと、「ルパンレンジャーVSパトレンジャー」の、ルパンイエロー、同じ「黄色」だし、キャラが似ていますね。


関連記事
\URLをコピーしてシェアしてね/
この記事のURLをコピーする