キャッツ

【劇団四季キャッツの猫たち】マキャヴィティ(’02配布のカード)

この記事では劇団四季ミュージカル『キャッツ』マキャヴィティ役について、2002年大阪公演夏休み企画で配布されたカードの記録を兼ねて、キャラクター紹介をしています。

今の犯罪王マキャヴィティは、このトレーディングカードとは全く見た目が違うので、比べてみてほしいです。

普段のマキャビティは、体は大きいけれど、どちらかというとおとなしげな猫なので、初見で見分ける難易度は高いかも。

劇団四季『キャッツ』【マキャヴィティ】ってどんな猫?

「ジェリクルソング」での一言ソロは「鋭い鼻厳しい目が」

<マキャヴィティ>

犯罪王。

普段は、シラバブやジェリーロラムとよく似たふんわりしたクリーム色の毛並みのオス猫。
この姿の時には目立つソロやペアのダンスはないのですが、

ギルバートの空中ブランコのサポートをしたり、グリザベラが天上に上った後で階段を片付けていたり、地味に活躍しています。

オールドデュトロノミーが戻ってくると、しれっと(?)笑顔で戻ってきてミストフェリーズをたたえる歌に加わっているし、
グリザベラを送り出す時に、最後に背中に触れているのがマキャヴィティ。

犯罪王のマキャヴィティと、普通の猫のマキャヴィティの関係は、二重人(猫)格説などがありますが、どうなのでしょうか。

犯罪王の姿は、下の写真(2002年)と、現在とはずいぶん違います。今は帽子はなくて、ハリセンボンみたいな頭ですね。


劇団四季『キャッツ』2002年大阪公演夏休み企画配布カード【マキャヴィティ】

>


(写真のキャストは??? 赤瀬賢二さん、南山光徳さん、青山祐司さんのいずれかです)

劇団四季『キャッツ』【マキャヴィティ】2001年大阪公演以降のキャスト

東京公演 2018年8月11日~現在公演中
文永 傑、荒木啓佑、中村智志
大阪公演 2016年7月16日~2018年5月6日
文永 傑、田川雄理、中村智志、川野 翔
札幌公演 2015年1月18日~2016年3月21日
二橋 純、文永 傑、佐野隼平、上島ジョン、田川雄理
福岡公演 2014年4月~10月4日
二橋 純
静岡公演 2013年9月15日~12月1日
佐野隼平
仙台公演 2013年4月23日~8月20日
桧山 憲、安芸雅史
広島公演 2012年12月09日 ~ 2013年3月24日
川野 翔、安芸雅史、桧山 憲
横浜公演 2009年11月11日~2012年11月11日
金久 烈、青山祐士=青山裕次、桧山 憲、片山崇志、川野 翔、安芸雅史
東京公演 2004年11月11日~2009年5月3日
上田龍雄、赤瀬賢二、高 榮彬、片山崇志、キムグヨル=金久 烈、満 寧、青山祐士
仙台公演 2003年12月19日~2004年5月5日
青山祐士
広島公演 2003年8月2日~11月24日
赤瀬賢二
静岡公演 2003年4月29日~7月9日
赤瀬賢二
大阪公演 2001年3月11日~2003年1月30日
赤瀬賢二、南山光徳、青山祐司=青山祐士

劇団四季『キャッツ』【マキャヴィティ】についてのメモ

前回(2004~2009年)の東京公演くらいまで、大柄な体格優先というか、かならずしもダンサーさんが演じていないような印象があったのですが、
その後だんだん、ダンスがすごい方がマキャヴィティ役になることが増えてきました。

マキャヴィティファイト、と呼ばれる、マキャヴィティとマンカストラップの戦いでは、
赤瀬マキャヴィティと趙(西門)マンカストラップの組が、どちらも際立って大柄ではないのに、ダントツに迫力がありました。
最近のキャストで文永マキャヴィティのアクロバットが印象的です。

多分、みなさん意図的にギャップをつけているのだと思いますが、黄色い猫の時にはおとなしく、かわいい印象のことが多いです。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 劇団四季へ
にほんブログ村


関連記事
\URLをコピーしてシェアしてね/
この記事のURLをコピーする