キャッツ

【劇団四季キャッツの猫たち】カーバケッティ(’02配布のカード)

この記事では劇団四季ミュージカル『キャッツ』カーバケッティ役について、2002年大阪公演夏休み企画で配布されたカードの記録を兼ねて、キャラクター紹介をしています。

カーバケッティはオス猫の中で、犯罪王出ないときのマキャヴィティと並んで区別しにくい猫かも。
2幕が始まった時に、上手の端っこで、ディミータにアプローチしているのがカーバケッティです。

劇団四季『キャッツ』【カーバケッティ】ってどんな猫?

<カーバケッティ>

「ジェリクルソング」での一言ソロがありません。
「ジェリクル舞踏会」で、「うまいぞダンス、ガボットやジグ」で、舞台の正面で、ギルバートと左右対称のジャンプをします。

キャッチフレーズは紳士猫。
カーバケッティという名前は、「車のバックライト」に由来します。

なぜか、上半身をひねって片側の腰に両手をそろえてそえるフラメンコダンサーのようなポーズをよく取っています。

紳士、というか、
バストファナンバーでスプーンをジェニエニドッツに渡したり、シラバブの相手をしている様子を見ると、気配りの利くまめな男、という印象がありますね。
ランパスキャットやコリコパットのようにピンでスポットが当たるペアダンスはありませんが、オス猫の中では一番、リフトをする回数が多いのだとか。

左右非対称で左目の周りをギザギザに囲むメイクは、全役の中で最高難易度ではないかと思います。


劇団四季『キャッツ』2002年大阪公演夏休み企画配布カード【カーバケッティ】


(写真のキャストは三宅克典さん)

劇団四季『キャッツ』【カーバケッティ】2001年大阪公演以降のキャスト

※『キャッツ』日本初演は1983年ですが、私が観たことがある時期から記載します。

東京公演 2018年8月11日~現在公演中
桒原 駿、照沼大樹、大山五十和、河津修一
大阪公演 2016年7月16日~2018年5月6日
齊藤太一、桒原 駿、河津修一、一色龍次郎、照沼大樹
札幌公演 2015年1月18日~2016年3月21日
齊藤太一、佐野隼平
福岡公演 2014年4月~10月4日
一色龍次郎
静岡公演 2013年9月15日~12月1日
齊藤太一
仙台公演 2013年4月23日~8月20日
一色龍次郎、光山優哉、齊藤太一
広島公演 2012年12月09日 ~ 2013年3月24日
一色龍次郎
横浜公演 2009年11月11日~2012年11月11日
松永隆志、齊藤太一、光山優哉、丹下博喜、一色龍次郎
東京公演 2004年11月11日~2009年5月3日
斉藤 翔、三宅克典、丹下博喜、村瀬美音、劉 志=松永隆志、花沢 翼、齊藤太一、佐野隼平
仙台公演 2003年12月19日~2004年5月5日
三宅克典
広島公演 2003年8月2日~11月24日
三宅克典、齊藤翔、丹下博喜
静岡公演 2003年4月29日~7月9日
齊藤翔、三宅克典
大阪公演 2001年3月11日~2003年1月30日
三宅克典、丹下博喜

劇団四季『キャッツ』【カーバケッティ】についてのメモ

カーバケッティは体の模様がコリコパットとよく似ていて、、
顔を隠している「グレートランパスキャット」のイヌや、「グロールタイガーの最期」のシャムネコではよくコリコとカーバケッティを間違えます。

コリコより背が高い人が演じることが多いので、並ぶと分かるのですが。
あと、コリコパットよりも黄色みが少なくベージュっぽいです。

「ジェリクル舞踏会」の、「うまいぞダンス ガボットやジグ」で、カーバケッティとギルバートが左右対称に出てくるところ、
ジュッテアントゥール(回転ジャンプ)だったのが、一時違うジャンプに変わって、最近また元にもどったので密かにうれしく思っています。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 劇団四季へ
にほんブログ村


関連記事
\URLをコピーしてシェアしてね/
この記事のURLをコピーする