キャッツ

【劇団四季キャッツの猫たち】タントミール(’02配布のカード)

この記事では、劇団四季『キャッツ』の2002年大阪公演で、夏休み企画で配布されたカードの記録を兼ねて、「タントミール」のキャラクターを紹介をしています。
タントミールは劇団四季ミュージカル『キャッツ』に登場する猫の中で、唯一、「ケムンパ」と呼ばれる、猫の毛並みのモフモフを表す飾りやアームウォーマー、レッグウォーマーがない猫。
『キャッツ』を始めて観る人でも見分けやすい猫です。

『キャッツ』タントミールってどんな猫?

<タントミール>
「ジェリクルソング」での一言ソロは「どんな時でも 遊べるのか」

タントミールにはソロナンバーはありませんが、オーバーチュアではドーナツ型ライトの下から登場し、ある意味タントミールも『キャッツ』を象徴する存在です。

あおなみ
あおなみ
高倉恵美さんが、このシーンに込めた思いを「生まれて、天上に召されるまで」とインタビューでコメントされていました。

スレンダーで気品のある容姿から、気位が高く神秘的で無口そうな印象がありますが、「ジェニエニエドッツ」では、タントミール、ジェミマ、ジェリーロラムの3人が「スリーガールズ」というかしましそうな女子グループを作っています。

福岡公演の「ラム・タム・タガー」ナンバーの「さらわれ(注)」で、大橋里砂さんのタントミールが、マンカストラップ(松島勇気さん)に、「タガーがあんな子(女性のお客さん)を連れてくるのよ」と文句を言っていたのがなかなか新鮮でした。

2幕冒頭で、なぜかディミータに威嚇されています。仲が悪いのでしょうか・・・
その後ギルバートと頭を摺り寄せる猫のあいさつをして(本当に猫みたいです)、ペアのダンスをします。

注)
2018年東京公演の前まで、「ラム・タム・タガー」のナンバー中、タガーが女性のお客さんを舞台に上げる演出があり、それを「さらわれ」ととか「つれさり」と言っていました。
現在は客席通路で女性のお客さんとペアダンスをしています。


2002年『キャッツ』大阪公演夏休み企画配布カード【タントミール】



(写真のキャストは高倉恵美さん)

劇団四季『キャッツ』タントミール訳‘01大阪公演以降のキャスト

東京公演 2018年8月11日~現在公演中
間辺朋美、杉野早季、高倉恵美
大阪公演 2016年7月16日~2018年5月6日
野田彩恵子、間辺朋美、村上今日子、高倉恵美
札幌公演 2015年1月18日~2016年3月21日
高倉恵美、間辺朋美、宮田 愛
福岡公演 2014年4月~10月4日
滝沢由佳、大橋里砂、大石眞由
静岡公演 2013年9月15日~12月1日
大橋里砂
仙台公演 2013年4月23日~8月20日
大橋里砂、高倉恵美、小川美緒、大石眞由
広島公演 2012年12月09日 ~ 2013年3月24日
小川美緒
横浜公演 2009年11月11日~2012年11月11日
高倉恵美、原田真由子、大橋里砂、八鳥仁美、滝沢由佳
東京公演 2004年11月11日~2009年5月3日
滝沢由佳、高倉恵美、工藤伸子=河西伸子、原田真由子、八鳥仁美、大橋里砂
仙台公演 2003年12月19日~2004年5月5日
工藤伸子=工藤のぶ子、大石眞由、高倉恵美
広島公演 2003年8月2日~11月24日
滝沢由佳、高倉恵美、工藤のぶ子
静岡公演 2003年4月29日~7月9日
高倉恵美
大阪公演 2001年3月11日~2003年1月30日
久安正子、高倉恵美、工藤のぶ子

劇団四季『キャッツ』タントミールについてのメモ

このカードのポーズは、「ジェリクル舞踏会」の中盤、ディミータ、タントミール、ボンバルリーナの3人だけが舞台にいる場面です。
そして、このカードのタントミール=高倉恵美さんのイメージがやっぱり強いです。

高倉さんは2002年に初めて見た時からタントミールで、2019年にもタントミールで、途中ボンバルリーナも演じている、というすごい方です。

宮田 愛さんのタントミールは、衝撃の顔の小ささと手足の長さでした。

タントミールのつるん、とした見た目はとても印象的ですが、アームウォーマー、レッグウォーマーがないのは、冬場の舞台裏ではとても寒いのだそうです。

海外の映像版では
四季のタントミールが「カッサンドラ」、
四季のカッサンドラが「タントミール」、と見た目と名前が入違っています。


関連記事
\URLをコピーしてシェアしてね/
この記事のURLをコピーする