キャッツ

【劇団四季キャッツの猫たち】ジェミマ(’02配布のカード)

この記事では劇団四季ミュージカル『キャッツ』ジェミマ役について、2002年大阪公演夏休み企画で配布されたカードの記録を兼ねて、キャラクター紹介をしています。

ジェミマは若いメス猫で、三毛の毛色。
オス猫のギルバート、マンゴジェリーと色が似ており、ソロナンバーがないので初めて観るときはあまり覚えられない猫の1匹かもしれません。

劇団四季『キャッツ』【ジェミマ】ってどんな猫?

<ジェミマ>

「ジェリクルソング」での一言ソロは「目を閉じても 迷わないで」

ジェミマは会報誌「ラ・アルプ」での、松山育恵さんのインタビューによると、子どもと大人の間の少女、ということ。
ランペルティーザよりは少し上なのだと思います。

1幕の「グリザベラ」でグリザベラを嘲笑する歌を歌い出すのがジェミマです。
嫌いなものは嫌い、という、ものおじしない、中高生くらいのイメージでしょうか。

「ミストフェリーズ」ナンバーの終盤、ミストフェリーズが空き缶から赤い布を出すところ、今はタガーが缶を持っていますが、以前はジェミマが持っていました。


劇団四季『キャッツ』2002年大阪公演夏休み企画配布カード【ジェミマ】


(写真のキャストは王 飛さん)

劇団四季『キャッツ』【ジェミマ】2001年大阪公演以降のキャスト

東京公演 2018年8月11日~現在公演中
町 真理子、円野つくし、加島 茜、坂井菜穂
大阪公演 2016年7月16日~2018年5月6日
円野つくし、加島 茜、江國冴香、朴 悠那、松山育恵
札幌公演 2015年1月18日~2016年3月21日
松山育恵、加島 茜、間辺朋美、円野つくし
福岡公演 2014年4月~10月4日
松山育恵
静岡公演 2013年9月15日~12月1日
松山育恵
仙台公演 2013年4月23日~8月20日
齋藤 舞、松山育恵
広島公演 2012年12月09日 ~ 2013年3月24日
小笠真紀、土井礼子
横浜公演 2009年11月11日~2012年11月11日
金平真弥、撫佐仁美、王堃、小笠真紀、齋藤 舞
東京公演 2004年11月11日~2009年5月3日
王堃、真鍋奈津美、飛田万里、熊本亜記、増田朱紀、撫佐仁美
仙台公演 2003年12月19日~2004年5月5日
王堃、王飛=飛田万里、谷内愛、イスンミン
広島公演 2003年8月2日~11月24日
大田未稀、谷内愛、王堃
静岡公演 2003年4月29日~7月9日
大田未稀
大阪公演 2001年3月11日~2003年1月30日
鴨志田亜紀、春原一恵、大田未稀、王飛

劇団四季『キャッツ』【ジェミマ】についてのメモ

ジェミマは存在感をどう持たせるのかが、難しい役だなあ、と思います。
「普通の子」なので、普通でいればいいのですが、印象に残らない、ということにもなりがち。
「魅力」とは、ある種の過剰さだったり、クセだったりする面があると思うのですが、ジェミマみたいな役ってむしろそれが出しにくいんじゃないかなあ。

ただ、普通、とはいっても、ふんわりしたイメージではなく、感情をはっきり前に出す感じとか、気の強い感じ、というイメージもあり、
ジェミマ役とディミータ役をスイッチする人も多いことからもそういう傾向がうかがえます。

最近は、観る側としてもそういうところが分かってきてそれぞれの俳優さんのジェミマってこういう子かなあをイメージしやすくなってきました。


関連記事
\URLをコピーしてシェアしてね/
この記事のURLをコピーする