キャッツ

【劇団四季キャッツの猫たち】マンゴジェリー(’02配布のカード)

この記事では劇団四季ミュージカル『キャッツ』マンゴジェリー役について、2002年大阪公演夏休み企画で配布されたカードの記録を兼ねて、キャラクター紹介をしています。

ギルバートと似た朱赤の毛並みのオス猫。

以前は、マンゴジェリーは背が高め、ギルバートは小柄、というイメージをしていたのですが、
実は同じ俳優さんがこの2役にキャスティングされていることが多く(趙 宇さん、萩原隆匡さん、新庄真一さん、齋藤太一さんなど)、体格的な区別はあまりないみたいです。

劇団四季『キャッツ』【マンゴジェリー】ってどんな猫?

<マンゴジェリー>

ランペルティーザとコンビのコソ泥猫。

「ジェリクルソング」での一言ソロ「挑めるか」も、マンゴジェリー・ランペルティーザが一緒に歌います。

朱赤主体の毛色で、「マンゴジェリーとランペルティーザ」のナンバーだけ、トラ柄のベスト、スカーフ、手袋、レギンスをつけています。

マンゴジェリーは、ナンバーでは表情がコミカルで、ラストではみんなに捕まってしまうし、かっこつけているけれどおっちょこちょい。
でも、実は切れ者だと思うんですよね。

劇中劇「グロールタイガーの最期」では、グロールタイガーの手下の一人を演じています。

2002年に見始めたころはなんとなく、細身で背が高めの体形の人の役なのかな?とイメージしていましたが、
落ち着いて振り返ると、本当に背が高いのは辻さん、武藤さんくらいでした。

基本的には、シンメトリーのメイクですが、札幌公演の田中宣宗よしときマンゴは眉から鼻のラインがアシンメトリーになっていました。


劇団四季『キャッツ』2002年大阪公演夏休み企画配布カード【マンゴジェリー】


(写真のキャストは趙 宇さん)

劇団四季『キャッツ』【マンゴジェリー】2001年大阪公演以降のキャスト

※『キャッツ』日本初演は1983年ですが、私が観たことがある時期から記載します。

東京公演 2018年8月11日~現在公演中
玉井晴章、斎藤洋一郎、新庄真一
大阪公演 2016年7月16日~2018年5月6日
斎藤洋一郎、齊藤太一、新庄真一、玉井晴章
札幌公演 2015年1月18日~2016年3月21日
田中宣宗、上川一哉、柳瀬亮輔
福岡公演 2014年4月~10月4日
笹岡征矢、斎藤洋一郎
静岡公演 2013年9月15日~12月1日
田中宣宗、龍澤虎太郎
仙台公演 2013年4月23日~8月20日
龍澤虎太郎、田中宣宗
広島公演 2012年12月09日 ~ 2013年3月24日
龍澤虎太郎
横浜公演 2009年11月11日~2012年11月11日
川東優希、上川一哉、武藤 寛、龍澤虎太郎、斎藤洋一郎、李 涛、田中宣宗
東京公演 2004年11月11日~2009年5月3日
百々義則、李 涛、武藤 寛、幸田亮一、萩原隆匡、趙 宇、田井 啓、川東優希
仙台公演 2003年12月19日~2004年5月5日
武藤 寛
広島公演 2003年8月2日~11月24日
李 涛、百々義則、武藤寛
静岡公演 2003年4月29日~7月9日
李 涛
大阪公演 2001年3月11日~2003年1月30日
趙 宇、李 涛

劇団四季『キャッツ』【マンゴジェリー】についてのメモ

私は舞台では見ていないのですが、味方隆司さんも、以前マンゴジェリー役だったそうです。
マンゴキャラクターの要素には
「ひょうひょうとした」と「シニカル」とがあると思うんですけれど、味方さん(見ていませんが)、百々さん、斎藤洋一郎さんあたりはそのイメージが強いです。

2018年8月開幕の東京公演で、ナンバーの曲が海外版に合わせて変わり、振りも変わりました。

今のナンバーだとさらに運動量多いように思えます。でも皆さん最後まで動きキレッキレだし、声量も音程も安定していて、すごいです。

少女猫という設定のランペルティーザに対して、マンゴジェリーはおとな、ということらしいのですが、
福岡公演で見た笹岡マンゴは弟キャラだったし、
新庄マンゴはランペルティーザと双子か幼なじみのよう、
上川さんは泥棒でもリードの仕方が「王子」で、
やっぱり役者さんによってもイメージが違いますよね。

マンゴジェリーの握手席にはあまり座ったことがないのですが、2002年大阪公演では、京阪旅行者が持っている席がマンゴジェリー握手席で、一度趙マンゴと握手してもらったことがありました。


関連記事
\URLをコピーしてシェアしてね/
この記事のURLをコピーする