キャッツ

【劇団四季キャッツの猫たち】カッサンドラ(’02配布のカード)

この記事では劇団四季ミュージカル『キャッツ』カッサンドラ役について、2002年大阪公演夏休み企画で配布されたカードの記録を兼ねて、キャラクター紹介をしています。

カッサンドラは、ふわふわではなく、なでつけたような髪形(?)で、黒っぽい毛並み、
見た目がよく似たオス猫のタンブルブルータスと一緒にいることが多いです。

劇団四季『キャッツ』【カッサンドラ】ってどんな猫?

<カッサンドラ>

「ジェリクルソング」での一言ソロは「何もかもを 見抜いている」

小柄だけれど子猫ではない、大人っぽいメス猫。
「ジェニエニドッツ」ナンバーで、シラバブ、ランペルティーザと一緒にネズミ役になりますが、カッサンドラは子猫たちの面倒を見るお姉さんとして加わっているイメージです。

2018年東京公演での演出変更でなくなったのですが、以前は「ジェリクル舞踏会」で、コリコパットと組んで踊るシーンがあって、そこもコリコに対してはお姉さんっぽい感じでした。

カッサンドラ&タンブルブルータスの見せ場は「ジェリクル舞踏会」中盤の、「タイヤの上のアダージオ」。
ここでアクロバティックな動きがあることも、カッサンドラ役に小柄な人をキャスティングする理由の一つかも?
バレエでは小柄でない人もフィッシュダイブをやりますが、やはりタイヤの上で、というのがいろいろリスクがあるみたいなので。

「劇場猫ガス」で、上手で本の階段の上でのタンブルブルータスとのラブラブっぷりも必見(?)です。

ソロナンバーはありませんが、
2幕はカッサンドラの踊りで、一つ空気が変わるし、それに続く「ジェリクル舞踏会」でも隊形の先頭に来ることがあるし、名前は覚えられなくてもすごく印象に残る猫だと思います。


劇団四季『キャッツ』2002年大阪公演夏休み企画配布カード【カッサンドラ】


(写真のキャストは大口朋子さん)

劇団四季『キャッツ』【カッサンドラ】2001年大阪公演以降のキャスト

※『キャッツ』日本初演は1983年ですが、私が観たことがある時期から記載します。

東京公演 2018年8月11日~現在公演中
藤岡あや、山田祐里子、片岡英子
大阪公演 2016年7月16日~2018年5月6日
藤岡あや、山田祐里子、片岡英子、高橋伶奈
札幌公演 2015年1月18日~2016年3月21日
藤岡あや、平井佑季、山田祐里子、蒼井 蘭
福岡公演 2014年4月~10月4日
藤岡あや、平井佑季
静岡公演 2013年9月15日~12月1日
高橋伶奈、藤岡あや
仙台公演 2013年4月23日~8月20日
藤岡あや、高橋伶奈
広島公演 2012年12月09日 ~ 2013年3月24日
藤岡あや、大口朋子、高橋伶奈
横浜公演 2009年11月11日~2012年11月11日
蒼井 蘭、大口朋子、井藤湊香、藤岡あや、間尾 茜
東京公演 2004年11月11日~2009年5月3日
大口朋子、井藤湊香、増嶋あゆみ、永木 藍、間尾 茜、蒼井 蘭=李依燃
仙台公演 2003年12月19日~2004年5月5日
大口朋子、井藤湊香、佐藤知子
広島公演 2003年8月2日~11月24日
井藤湊香、大口朋子
静岡公演 2003年4月29日~7月9日
井藤湊香
大阪公演 2001年3月11日~2003年1月30日
井藤湊香、富田浩路、大口朋子

劇団四季『キャッツ』【カッサンドラ】についてのメモ

海外映像版では、タントミールとカッサンドラは四季版と入れ違っており

「コリコパットとタントミール」が、四季版の「タンブルブルータスとカッサンドラ」の見た目です。

ただ関係性は、海外映像版は恋人というよりも兄妹のような感じ。

私が『キャッツ』を見始めたころは、井藤湊香さんのカッサンドラにあたることが非常に多かったのですが、井藤さんと山口博之さんのカッサンドラ・タンブルブルータスの組がめちゃめちゃ色っぽかったです・・・
井藤さんは最近はほぼ『ライオンキング』ナラのお母さん(サラフィナ)の枠での出演ですね。

最近のキャストでは、だんとつに大人っぽいのは藤岡あやさんですが(藤岡さんはヴィクトリア役ではぜんぜん表情が違いますよね)、

大阪公演で観た高橋伶奈さんも大人の女性、という感じで、「エルコスの夢」エルコス役の、元気で前向きなアンドロイドとは違う面が見られてびっくりしました。


関連記事
\URLをコピーしてシェアしてね/
この記事のURLをコピーする