劇団四季「エビータ」浅利慶太追悼公演(東京・名古屋)初日キャスト/候補キャスト


劇団四季エビータ

劇団四季『エビータ』浅利慶太追悼公演のキャストについて、

  • 2019年6月17日、東京・自由劇場開幕初日のキャスト
  • 2019年7月21日、名古屋四季劇場開幕初日のキャスト
  • 東京名古屋共通公演プログラムに掲載されている候補キャスト

をまとめました。

あおなみ
あおなみ
ちなみに、『エビータ』の上演時間は、2時間20分(途中20分の休憩を含みます)です。

※2019年7月21日名古屋公演初日キャストを追加しました。

劇団四季『エビータ』浅利慶太追悼公演【東京】初日キャスト

エビータ 谷原志音 マガルディ 高橋基史
チェ 芝 清道 ミストレス 藤原加奈子
ペロン 佐野正幸
男性アンサンブル 女性アンサンブル
成田蔵人くらんど 渡辺智佳
光田健一 高岡育衣
石川敦貴 平田愛咲あずさ
ビョンヒサン 平田曜子
内田 圭 伊藤瑛里子
鈴木涼太 町島智子
高橋祐樹 廣本則子
伊藤潤一郎 坂本すみれ
新井 克 石戸瑤子
伊藤駿祐 榊山玲子
河田拓也 高田直美
宮下友希 辻 奈々
二村誠俊 大石眞由
深堀拓也 小林由希子
若山展成 柴本優澄美


劇団四季『エビータ』浅利慶太追悼公演【名古屋】初日キャスト

エビータ 谷原志音 マガルディ 高橋基史
チェ 芝 清道 ミストレス 平木萌子
ペロン 北澤祐輔
男性アンサンブル 女性アンサンブル
成田蔵人くらんど 多田毬奈
廣 哲臣 中原詩乃
石川敦貴 平田愛咲あずさ
ビョンヒサン 平田曜子
内田 圭 岩井千秋
鈴木涼太 町島智子
高橋祐樹 廣本則子
伊藤潤一郎 坂本すみれ
新井 克 北中芹佳
伊藤駿祐 中川奈々美
河田拓也 高田直美
高草木健二 坂本佳帆
二村誠俊 大石眞由
政所和行 小林由希子
若山展成 渡辺詞葉

2019年6月17日発行東京公演・名古屋公演プログラム掲載の候補キャスト

エビータ 江畑晶慧まさえ、谷原志音、鳥原ゆきみ
チェ 芝 清道、飯田洋輔、光田健一
ペロン 佐野正幸、北澤裕輔
マガルディ 高橋基史、日浦眞矩まく
ミストレス 平木萌子、藤原加奈子

<男性アンサンブル>

内田 圭 二村誠俊 伊藤駿佑 廣 哲臣
川村 英 政所和行 伊藤潤一郎 ビョンヒサン
岸 佳宏 光田健一 河田拓也 渕上数馬
鈴木涼太 若山展成 下平直輝 宮下友希
成田蔵人 新井 克 高草木健二 村田慶介
深堀拓也 石川敦貴 高橋祐樹

伊藤駿佑さん、廣 哲臣さん、宮下友希さんは2018年4月研究所入所

<女性アンサンブル>

石戸瑤子 辻 奈々 岩井千秋 清水智紗子
大石眞由 西浦歌織 梅澤紗耶 多田毬奈
小菅 舞 久居史子 北中芹佳 中川菜々美
小林由希子 平田曜子 古森麻由 中原詩乃
榊山玲子 廣本則子 坂口珠乃 平田愛咲
坂本すみれ 町島智子 坂本佳帆 渡辺詞葉
高岡育衣 渡辺智佳 柴本優澄美
高田直美 伊藤瑛里子 島田 栞

岩井千秋さん、北中芹佳さん、古森麻由さん、坂口珠乃さん、渡辺詞葉さんは、2018年研究所入所

劇団四季『エビータ』東京・名古屋公演・全国公演今後の出演キャストについて

劇団四季では、公演日程発表時や、前売り券発売時には出演キャストは未定で、
公演が開幕してからは毎週月曜日朝10時に、その週の「出演予定キャスト」を発表する、という独特のシステムを取っています。

「劇団の外の人(観客)にとって、いつキャストが分かるのか」をこちらの記事にまとめました。

劇団四季 キャスト発表
劇団四季の出演キャストはいつ発表されるの?7/21更新 劇団四季の出演キャストが発表されるタイミングを、公演中作品と、開幕初日についてまとめました。...

この記事にも書いてあるように、開幕初日にキャストが発表されるのは、だいたい開演の1時間前。
東京公演は17時31、2分ごろ、名古屋公演は12時7、8分ごろだったようです。

演出について

劇団四季エビータ

『エビータ』は、アンドリュー・ロイド=ウェーバー作曲、ティム・ライス作詞なのですが、
劇団四季で上演されている、『エビータ』の演出は、浅利慶太氏のオリジナル演出です。
劇団四季での初演は1982年。

2005年に、セット、衣装、演出を刷新し、この時のバージョンが浅利演出の「決定版」(浅利慶太氏自身のコメント)となっています。

あおなみ
あおなみ
私が劇団四季の舞台を(大人になってから)観るようになったのが2002年なので、私は今の演出しか知らないんですよね・・・文章で読んでいると初演の演出もとても興味深いです。

今回の浅利慶太追悼公演、演出パートのメンバーは

レジデント・ディレクター:荒木美保
振付助手:菊池 正
稽古進行管理:芝 清道、佐野正幸、平田曜子、久居史子、深堀拓也、大石眞由、坂本すみれ
稽古協力:磯津ひろみ、石野喜一、前田貞一郎

となっています。

2019年度になってから、2014年~2018年の演出スーパーバイザー制度から、レジスタント・ディレクターと稽古管理、という体制に変わったようなのですが、
四季の会会報誌「ラ・アルプ」2019年7月号で、吉田社長のインタビューの中で、荒木美保さんを中心とする演出・制作チームが作られている、という説明がありました。


関連記事
\URLをコピーしてシェアしてね/
この記事のURLをコピーする