劇場

劇団四季「四季劇場【夏】」でお弁当を食べる場所はある?食べもの、飲みものの販売は?

四季劇場夏 飲食

こんにちは、観劇時はお弁当派のあおなみ(@aonami491)です。
この記事では、大井町にある、四季劇場【夏】内での、お弁当を食べる所、軽食やドリンクの販売についてまとめています。

大井町の 四季劇場・夏の中では、ロビーなどでお弁当など食べることはできますか?時間がなかった時に買える軽食や飲み物があるといいんだけれど・・・
あおなみ
あおなみ
四季劇場・夏では、ロビー内でドリンク・サンドイッチ・スイーツなどの販売があり、持ち込んだお弁当などをロビーのベンチで食べることもできますよ。客席内は飲食禁止です。

四季劇場・夏の持ち込みお弁当の飲食について

四季劇場・夏だけでなく、劇団四季専用劇場では、開演前や幕間休憩にロビーで飲食できます。

飲食の売店がある映画館などで、持ち込みの飲食がNGなケースがありますが、劇団四季専用劇場では、売店がある劇場でも、持ち込んだお弁当などをロビーで食べるのは問題ありません。

四季劇場・夏で座れる場所が多めにあるのは2階ロビーです。1階にもベンチがありますが、グッズショップの横だったりしてちょっとあわただしい。

このような壁沿いのベンチが落ち着いて座りやすいと思います。この他に、フロアの真ん中に並べられているベンチなどもあります。

座ってお弁当を食べる予定でいるなら、劇場の開場と同時くらいに入るのがおすすめです。

四季劇場・夏にかぎらず、劇団四季専用劇場の開場は、「開演30分前」となっていますが、実は、その10~15分前くらいに開場しています

平日昼公演 13時30分開演→12時50分ごろから入れることが多い
平日夜公演 18時30分開演→17時50分ごろから入れることが多い

土日祝昼公演 13時開演→12時20分ごろから入れることが多い
土曜日夜公演 17時30分開演→16時50分ごろから入れることが多い

※東京大井町のキャッツ・シアターは、平日・土日祝の開演時間が他の四季劇場と違うのでご注意ください

四季劇場・夏は路面型の劇場で、天気が悪い日は、外で待つ場所はあまりありませんので、早く到着しすぎないようにしたほうがいいですね。
(チケットボックスの横にはベンチがあります。)

『ライオンキング』の公演では、特に土日祝日の公演では、グッズのショップが大変混みあいます。
ショップは1階フロアにしかないので、なにかグッズを買いたい場合は、会場と同時に入場したらまずショップへ。


四季劇場・夏での、食べもの・飲みものの販売について

四季劇場・夏の2階ロビーにはドリンクやサンドイッチを販売するお店があり、スタンドのテーブルもあります。

<ドリンクメニュー>

<軽食メニュー>

外で食べてくる時間も、買ってくる時間もなかった!というときに、劇場についてからドリンクや軽食を買えるのは嬉しいですね。

あおなみ
あおなみ
食べもの・飲みものを買う時間くらいはある、というときは、駅前のイトーヨーカドーの地下1階のデリやパン屋が便利です。

四季劇場・夏での飲食の注意点

劇団四季の公演では、ロビー内で飲食ができますが、客席内は、開演前・幕間休憩時間中ともに飲食禁止です。
劇場内の売店で売っている飲み物はペットボトルではないので、飲み残しはお店に返しましょう。

のど飴をなめるのは包み紙の音を立てなければ大丈夫なので、心配な方は大きなパッケージからは取り出してポケットに入れたり、ハンカチに包んで膝上に持っているといいですね。

また、食べ物を持ち込んだ場合、ポリ袋や紙のバッグに入れて持ってくると思いますが、袋類のシャカシャカ、ガサカサということが上演中はよく響いてしまいます。
必要なくなったらたたんでバッグにしまうか、ロビーのゴミ箱に捨てましょう。

2018年11月24日『ライオンキング』観劇時の私のお弁当です。メインはクロックケークです。

関連記事
>>カマンベールとコンビーフのクロックケークの作り方

ベンチで食べる場合、テーブルがないですから、サンドイッチ、おにぎりなどのワンハンドでも食べやすいもの、コンパクトにまとまったお弁当がおすすめです。

四季劇場・夏内のお弁当を食べる場所、食べ物飲みもの販売についてのまとめ

開演前、休憩時間のロビーでの飲食は可能です

客席は上演中以外も飲食禁止です

2階ロビーに座れる場所がありますが、利用を考えている場合は早めの入場を

「夏」劇場内では飲みものと軽食の販売があり、スタンドタイプのテーブルもあります

大井町は「アトレ」「阪急食品館」などの他、大井町商店街や、路地に小さなお店も多く食事をする場所はたくさんありますが、

スケジュールの関係で外食する時間が無かったり、お子さんと一緒でちょっと何か食べさせたい、ということもありますよね。
そのようなときに参考にしてみてください。


関連記事
\URLをコピーしてシェアしてね/
この記事のURLをコピーする